大使館からのお知らせ(ハーグ条約について)

メキシコと日本は、いずれも国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定めるハーグ条約の締約国です。そのため、一方の親が他方の親の監護権を害する形で、子どもをメキシコから他のハーグ条約締約国へ連れ去った場合(他の条約締約国からメキシコへ連れ去った場合も同様)には、同条約に基づき、原則として子どもが元の居住国に返還されることとなります。
 
メキシコと日本は、いずれも国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。そのため、一方の親が他方の親の監護権を害する形(相手側の同意を得ない等)で、子どもをメキシコから他のハーグ条約締約国へ連れ去った場合、もしくは、他の条約締約国からメキシコへ連れ去った場合も同様に、同条約に基づき、原則として子どもが元の居住国に返還されることとなります。
 
ハーグ条約の詳細は,外務省ホームページを確認して下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html )
 
お子様の海外への移動、ハーグ条約についてご不明な点がありましたら、以下までご連絡下さい。
 
外務省ハーグ条約室
TEL:+81-3-5501-8466
E-mail:hagueconventionjapan@mofa.go.jp
 
(問い合わせ先)
在メキシコ日本国大使館
住所:Paseo de la Reforma No. 243, Torre Mapfre Piso 9, Col. Cuauhtemoc, C.P. 06500 Mexico, Ciudad de Mexico.
(※2015年11月から上記住所に移転しましたのでご注意ください。)
Tel:+52(55)5211-0028
Fax:+52(55)5207-7030
メール:ryojibu@me.mofa.go.jp
 
★外務省海外安全ホームページでは,海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので,皆様の海外安全対策にお役立てください。
<海外安全虎の巻>
 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2017.pdf
<海外赴任者のための安全対策小読本>
 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf
<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>
 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf
★万が一,犯罪被害に遭われた際は,当館領事班までご連絡ください。
★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は,インターネット( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )で変更の手続きをしていただくか,変更届をFAX,郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。
変更届フォーマット:http://www.mx.emb-japan.go.jp/files/000180336.doc
★日本人の安全に関わる情報等広く周知すべき情報は,在留届に登録されたメールアドレスに送信されます。その他の情報に関する大使館からのお知らせメールの受信登録,削除及びメールアドレスの変更は,次のURLからお願いします。
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=mx