髙瀨大使がドキュメンタリー映画 「Sunka Raku」の上映会に参加しました(2018年5月17日)


5月17日,メキシコ市のCinema Coyoacánにおいて,茶人であり,音楽家でもあるロベルト・ベハル氏を題材とした長編ドキュメンタリーの上映会が開催され,髙瀨大使が出席しました。
 
同ドキュメンタリーは,ハリ・サマ監督が撮影し,茶人・ベハル氏の生い立ちや経歴に迫る作品です。
 
髙瀨大使は,ベハル氏とハリ・サマ監督に対し,同ドキュメンタリーの公開,またベハル氏の平成30年春の外国人叙勲における旭日双光章受章への祝意を述べました。
 
以下サイトにおいて,同ドキュメンタリーの予告編をご覧いただけます。
http://www.cinemusicmexico.com/trailer-del-documental-de-sunka-raku-alegria-evanescente/
 

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示