髙瀨大使の展覧会「日出る国の金星」開会式への出席(2019年8月8日)


8月8日、髙瀨大使は,国立歴史博物館にて開催されている展覧会「日出る国の金星」の開会式に出席しました。
 
本展覧会は,その後の日墨修好航通商条約締結の端緒となった,1874年のフランシスコ・ディアス隊長に率いられたメキシコの天文観測隊による金星太陽面通過観測のための訪日をテーマとしています。
 
元国費留学生である,ビクトル・マヌエル・エルナンデス修士,フランシスコ・ヘスス・リバス修士が,カスガ財団,国立歴史博物館の支援のもと,この展覧会を企画しました。
 
展覧会「日出る国の金星」は、本年12月まで開催されていますので、皆様ぜひお越しください。
 

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示

本欄に画像を表示